« 下関おきそこの季節 | トップページ | 市場への水揚げ »

2009年9月20日 (日)

下関おきそこの魚たち~レンコダイ~

 

下関おきそこでは、どのくらいの種類の魚介類が漁獲されるのでしょう。

 その数、実に150種類sign03

 とても、すべてをご紹介しきれません・・・sweat02

 でも、改めて紹介するまでもなく、実は、けっこうお馴染みの魚たちが多いのです。
 タイ類、カレイ類、エソ・グチ類など、下関おきそこものとは知らず気付かず、口にされている魚も多いのではsign02

 その中の一つ、連子鯛(レンコダイ)。

Photo_2

 標準和名は「キダイ」という魚です。
 アンコウは下関漁港が水揚げ日本一ですが、レンコダイも、水揚げ日本一、二を争う魚です。
 「レンコダイ」という名前は、はえなわで、次々に連なって漁獲されるさまに因んでいるとされています。

 結婚式での尾頭付きの鯛の塩焼きは、多くが、このレンコダイ。

 下関おきそこの、一押しの魚です。

 あ、いや、ほかにもアンコウを始め、お勧めの魚でいっぱいですからね~note 


 

|

« 下関おきそこの季節 | トップページ | 市場への水揚げ »

漁獲物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270971/31451311

この記事へのトラックバック一覧です: 下関おきそこの魚たち~レンコダイ~:

« 下関おきそこの季節 | トップページ | 市場への水揚げ »