« 資源の有効活用 | トップページ | エチゼンクラゲ禍 »

2009年10月30日 (金)

魚函

 下関おきそこでは、漁獲物を水揚げするための魚函として、大きく3種類のトロ箱を用いています。

 それは、発泡スチロール箱・薄箱・本箱の3種類。

 発泡スチロール箱は、その名のとおり蓋付きの発泡スチロールでできた箱。蓋を外した外寸サイズは35.5×59.0×14.0センチメートル。

 薄箱と本箱は、ともに木製の、いわゆるトロ箱で、薄箱が外寸37.5×60.0×9.0センチメートル、本箱が外寸37.5×60.0×13.0センチメートル(ともに深さのみ内寸)。

 魚種により、また銘柄により、何をどの箱に入れて上場するかは決まっています。

 例えば、れんこだい(キダイ)は、発泡スチロール箱、れんこだいの小型のもの(「豆芝」銘柄)は本箱、アンコウやマダイは本箱、めんぼ(ウマヅラハギ)やアナゴは薄箱、などです。

 ところで、本箱ですが、その深さが4寸3分(=約13センチメートル)であることから、四三箱(よんさんばこ)とも呼ばれています。

 底びきものは四三箱が標準で、まき網などの青物(あじ・さば・いわしなど)は三八箱(さんぱちばこ)と呼ばれる深さ3寸8分(約12センチメートル)の箱が標準です。

 四三箱と三八箱。実は、幅も板の厚さ一枚分違います(三八箱の方が、板一枚分、狭く36.5×60.0×12.0センチメートル:深さのみ内寸)。

 この微妙な違いは何に由来するのでしょうか?

Photo

【写真は、整然と積み重ねられた本箱】

|

« 資源の有効活用 | トップページ | エチゼンクラゲ禍 »

全般」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
突然失礼致します。

通りすがりです。
弊社の製品(山田屋さまのトロ箱)の画像が
偶然目に留まりましたもので・・・ヽ(´▽`)/
有難う御座います!

失礼致しました。

投稿: ともぞう | 2013年6月26日 (水) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270971/31998431

この記事へのトラックバック一覧です: 魚函:

« 資源の有効活用 | トップページ | エチゼンクラゲ禍 »