« 未利用魚の利活用 | トップページ | キャンペーンメニュー ~下関マリンホテル~ »

2009年12月17日 (木)

あんこう水揚げ

 「下関漁港はあんこうの水揚げ日本一」であることから、かねてより各種PRに努めているところですが、昨夜の荷揚げから本日未明のセリ状況を、東京新聞の記者の方が取材に来られました。

 記者氏は、つくば通信部に所属され、茨城県でのあんこうの漁獲から水揚げ、流通と、下関におけるそれとの比較、それと、下関におけるブランド化の取り組みを取り上げようとされておられます。

 昨夜は、下関おきそこの2船団が入港。あんこうの荷揚げも、合わせて440箱と、まずまずの水揚げ状況でした。

Anko02

 まずは、山口県以東機船底曳網漁協の組合長さんから下関での状況を聴いておられます。

Anko03

 組合長さんが手にしておられるのは、8kgサイズのあんこう。

Anko05

 それから、セリが始まります。

 昨夜は、時化で沿岸漁船を始めとした入荷が少なく、下関おきそこの漁獲物の相場は良好だった模様ですhappy01

 ところで、「あんこう」ですが、しものせきで「あんこう」と呼んでいるのは「キアンコウ」。

 もう一種類、当地では「石あんこう」と呼んでいるのが、標準和名「アンコウ」。

 漁獲量は、圧倒的に「あんこう(キアンコウ)」の方が多いです。

 …でも、この呼び名って、ちょっと紛らわしいと感じるのは、私だけでしょうか…

Anko04

【写真上があんこう(キアンコウ)、下が石あんこう(アンコウ)】

|

« 未利用魚の利活用 | トップページ | キャンペーンメニュー ~下関マリンホテル~ »

ブランド化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270971/32638447

この記事へのトラックバック一覧です: あんこう水揚げ:

« 未利用魚の利活用 | トップページ | キャンペーンメニュー ~下関マリンホテル~ »