« キャンペーンメニュー ~ふく処 喜多川~ | トップページ | 切望 »

2010年1月 8日 (金)

初荷

 下関漁港地方卸売市場の初セリは1月5日でしたが、今日8日は下関おきそこの、本年初水揚げでした。

 下関おきそこにとっては、今朝、初荷を上場した初セリであったわけです。

 昨日1月7日の21時まえころから、3船団が順次帰港し、活魚の荷揚げに引き続き、鮮魚の荷揚げが行われました。

 セリは、01時15分から、青物のセリで開始され、下関おきそこの活魚、鮮魚とセリが続きます。

 活魚は、ヒラメ、マダイ、ウチワエビが上場。

 鮮魚は、ささがれい(ヤナギムシガレイ)、みずがれい(ムシガレイ)、きつねがれい(ソウハチ)などのカレイ類のほか、マダイ・れんこだい(キダイ)などのタイ類、あんこう(キアンコウ)、あなご(マアナゴ)など、およそ3,000箱が上場されました。

 初荷であること、また、時化続きで、今日が初めてのまとまった量の上場であったことなどから、相場は良かったようですnote

 良いスタートダッシュを切れたわけで、このペースが続くことを願います。

Seri01

【卸売場に並べられた下関おきそこの鮮魚】

Seri02

Seri03

【買受人さんの熱気が伝わってきます】

Sasa

【たっぷり真子の入ったささがれい:18入り:「子」表示】

Kitune

【こちらも子を持ったきつねがれい:10入り:「子」表示】

Anko

【今が旬のあんこう】

 

|

« キャンペーンメニュー ~ふく処 喜多川~ | トップページ | 切望 »

市場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270971/32903633

この記事へのトラックバック一覧です: 初荷:

« キャンペーンメニュー ~ふく処 喜多川~ | トップページ | 切望 »