« 地場産給食の日 ~あんこう~ | トップページ | 児童たちの質問 ~あんこう~ »

2010年1月27日 (水)

あんこう活魚

 水揚げ日本一 下関漁港のあんこう

 これまでも、荷揚げの様子や、トロ箱に並んだ様子、またセリの様子などをアップしてきたところですが、まだ、ご紹介できていない部分があります。

 それが、あんこう活魚。つまり、活きている状態のあんこうです。

 過去にも、あんこうを活かして帰港し、市立しものせき水族館「海響館」にて飼育をお願いしたことがありますが、なかなかうまくいきませんでした。

 そこで、今回、改めてチャレンジsign01

 海響館の担当の方と、下関おきそこ漁業者とで、これまでの反省点を踏まえて、どうすればうまくいくか、などの事前の話し合いを経て、さきほど、1月27日22時50分、下関おきそこの1船団が帰港しました。

 小型の、1kgサイズを10尾程度持ち帰ってきたのですが、残念ながら、帰港途中に衰弱しお星様になってしまっていましたweep

 ん~、底びきものは、やはり難しいのでしょうか・・・。

 再度、チャレンジ、です。

 ところで、せっかくの機会ということもあって、オオバウチワエビ(抱卵個体を含む)を数尾、海響館に持ち帰られました。

 うまくすると、展示までつながるとのこと。

 生きている下関おきそこの魚たちをご披露できるような企画展を開いていただければなぁ、と密かに夢見ています。

Katugyo01

下関おきそこから活魚の水揚げ】

Katugyo02

【オオバウチワエビを選別する海響館の職員さん方】

Katugyo03

【あんこう活魚が入るはずだった水槽。次回こそsign03

 

|

« 地場産給食の日 ~あんこう~ | トップページ | 児童たちの質問 ~あんこう~ »

ブランド化」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、毎回楽しく拝見させていただいております。
あんこうの活魚展示があったら面白そうですね。
ダイビング中に見ることもあるそうなのでゆっくり上げてくれば浅場でも生きていられるんでしょうか?
がんばってください!

投稿: 芋 | 2010年1月29日 (金) 18時57分

 コメントありがとうございます。
 あんこう活魚、ぜひ、成功させたいです。

 が、やはり漁業操業と水揚げが第一で、言い方が悪いのですが、そのついでに活かして持ち帰るという形にならざるを得ない面がありますので、なかなか難しいようです。

 でも、水温が低く、あんこうがまとまって漁獲される今の時期だからこそチャレンジできるわけで、次回、再チャレンジです。

 どうか暖かくお見守りください。

投稿: 下関おきそこ | 2010年2月 1日 (月) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270971/33149977

この記事へのトラックバック一覧です: あんこう活魚:

« 地場産給食の日 ~あんこう~ | トップページ | 児童たちの質問 ~あんこう~ »