« アンコウと連子鯛 | トップページ | 本日の入港は3船団 »

2010年3月25日 (木)

アンコウと連子鯛 その2

 下関漁港地方卸売市場の買受人さんは、その業態から、出荷業者・加工業者・地元小売業者、に大別されます。

 出荷業者は、その出荷形態から、上送り・地廻り・加工原料供給、に細分されるのですが、下関おきそこの漁獲物は、加工仕向けが割合と多いのです。

 で、前回の続きで、今回のご紹介は、自らが加工業者である買受人さんのうち、大日本パール工業㈱様によるアンコウ加工品です。

 ひとつは、「塩辛ソフト『下関あんこう本造り』」。

 アンコウの身と肝を和えた珍味で、アンコウの肝の旨味が引き立ちます。

 もう一つは「塩辛ソフト『下関あんこう若造り』」。

 こちらは、アンコウの身を塩辛風味に仕立てた商品ですが、塩辛くなく、先の「たべりーね! 下関 農水フェア」でも、お子様からも食べやすいと好評でした。

 大日本パール工業㈱様以外にも、㈱山口様を始め、㈱ダイフク様、㈲森本水産(㈱ヤマモ水産)様、等々、アンコウを手がけておられる買受人さんは多くいらっしゃいます。

 ホームページを開設されておられない方々も多いので、一度、これらをまとめたPR資料を作りたいと計画しております。乞うご期待です。

 

|

« アンコウと連子鯛 | トップページ | 本日の入港は3船団 »

ブランド化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270971/33927360

この記事へのトラックバック一覧です: アンコウと連子鯛 その2:

« アンコウと連子鯛 | トップページ | 本日の入港は3船団 »