« 「たべり~ね! 下関 農水フェア」参加しました | トップページ | アンコウと連子鯛 その2 »

2010年3月19日 (金)

アンコウと連子鯛

 下関おきそこが力を入れているアンコウ連子鯛

 先日の「たべりーね! 下関 農水フェア」でも、これらを中心にPRに努めたところですが、常に生鮮品を、というわけにはいかず、時と場合によっては加工品でのPRもあるわけです。

 で、下関には、これらを素材にした加工品も数あるわけでして、これらのうち一部を、順次ご紹介します。

 まず、アンコウの加工品3品

Epson_3279_1

Epson_3280_1

Epson_3281_1

 下関漁港に水揚げされた新鮮なアンコウの肝、肉を余すところ無く活用した商品です。

 あん肝のみそ漬は、甘口と、辛口みそに一味を効かせた辛口の2種類があり、御飯のおともに、お酒のつまみにぴったり。

 あんこうのハムは、コラーゲンたっぷりで、魚臭さも全くありません。

 あんきもパテは、濃厚な味わいを活かし、パンやクラッカーにあうだけでなく、パスタソースにもGoodsign03

 これらは、「あんこうプロジェクト」を展開する旬楽館様の商品です(フィッシュマイレージキャンペーン2009の協賛店としても御協力いただいています)。

 商品のお問い合わせは、旬楽館様へお願いします。

|

« 「たべり~ね! 下関 農水フェア」参加しました | トップページ | アンコウと連子鯛 その2 »

ブランド化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270971/33843140

この記事へのトラックバック一覧です: アンコウと連子鯛:

« 「たべり~ね! 下関 農水フェア」参加しました | トップページ | アンコウと連子鯛 その2 »