« 下関おきそこ全員協議会 | トップページ | マッチングコーディネータ会議 »

2010年7月 7日 (水)

ブランド化協議会

 下関おきそこを営む生産者、市場関係者、観光・飲食関係者等で構成する「下関漁港沖合底びき網漁業ブランド化協議会」。

 昨日7月6日、協議会の会議が開催されました。

 議題は、人事異動に伴う副会長の互選のほか、昨年度事業の報告(決算)、本年度事業の計画案(予算案)についてが主要なもので、いずれも、原案どおり決定されました。

 今年度事業の主な取組は次のとおりです。

 地元の方々に受け入れられ、愛される「下関おきそこ」を目指して、また、心機一転、がんばりますsign03

-----------------------------------------------------------------

1 下関おきそこフィッシュマイレージキャンペーンの実施【継続・拡充】

○ フードマイレージの考え方を取り入れた当キャンペーンも3回目になり、より多くの方々に召し上がっていただくよう、充実・拡充を図ります。

-----------------------------------------------------------------

2 「あんこうの日」、「連子鯛の日」の制定【新規】

○ 下関漁港水揚げ日本一のあんこうや、あんこうに次ぐ重点魚種である連子鯛について、さらなる地元への浸透を図るため、それぞれの記念日を制定します。

(1) 「あんこうの日」を11月23日とします

(理由)

①勤労感謝の日である11月23日は下関漁港で開催される下関さかな祭の日として定着しており、『下関漁港=下関のさかな=水揚げ日本一のあんこう』、という連想から。

②『霜月あんこう絵に描いても舐めろ』と歌に詠まれるとおり、11月からあんこうは旬を迎え、また、鍋シーズンも本格化するから。

③11月23日の1+1+2+3=7で、あんこうの七つ道具に通じるから。

(2) 「連子鯛の日」を3月24日とします

①1185年(寿永4年)の3月24日の壇ノ浦の合戦の際、安徳帝とともに入水した平家女たちが、海中であでやかな小鯛に化身したとの伝説から。

②春の産卵期を控え、このころが旬で、美味しい時期を迎えるから。

-----------------------------------------------------------------

3 「下関おきそこ弁当」の認定【新規】

○ 平成21年度に開発した「連子鯛弁当」について、認定要領を策定し、ブランド化協議会による認定手続きを行うとともに、認定された商品については、認定シールを貼付し、PRを展開します。

|

« 下関おきそこ全員協議会 | トップページ | マッチングコーディネータ会議 »

ブランド化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270971/35666077

この記事へのトラックバック一覧です: ブランド化協議会:

« 下関おきそこ全員協議会 | トップページ | マッチングコーディネータ会議 »