« 水揚げも一巡 | トップページ | あんこうプロジェクト »

2010年8月24日 (火)

市場巡視

 昨夜は、下関おきそこの漁期が始まり、初の市場巡視でした。

 ホントは解禁直後にすべきでしたが、他の業務と重なって伸びてしまいましたcoldsweats01

 昨夜の入港は2船団。

 双方とも18時過ぎには入港し、22時45分からの荷役作業まで、乗組員の方々はしばしの休息です。

 2年目、3年目のインドネシア漁業実習生は、もう手慣れたものですが、来日してようやく2ヶ月が経過した研修生も、若干の船酔いはあるものの、問題なく船の仕事を学んでいるようです。

 さて、昨夜の水揚げは、下関おきそこがPRを進めているあんこうや連子鯛を始め、マダイ・ささがれい(ヤナギムシガレイ)・みずがれい(ムシガレイ)・なまず(ヨロイイタチウオ)など、定番とも言える下関おきそこの魚たちのオンパレードでした。

Imgp1922Imgp1928Imgp1929Imgp1936Imgp1937Imgp1940      

 セリは、日付変わった01時15分から、まずは青物を対象にスタートし、01時35分から近海手繰もの(下関漁港市場では、下関おきそこものを、こう呼びます)が始まりました。

 多くの買受人さんの買う気も満々で、引き続き良好な相場ではなかったかと思います。

 しかし、昨夜も暑かった・・・。

 一昨日の方がもっと暑かったと、皆さんおっしゃってましたが、荷役が終わってセリが始まるまでの氷の打ち直しが欠かせません・・・。

|

« 水揚げも一巡 | トップページ | あんこうプロジェクト »

市場」カテゴリの記事

コメント

 まだ、おいしくないアンコウを獲るのを
控えましょうよ。

 ただえさへ、資源は小さいし、漁獲サイズになるのに時間がかかるのに。

 言っていることとやっていることが違うような気がしますが。
 如何ですか。

投稿: | 2010年8月27日 (金) 11時35分

 コメントありがとうございます。

 おっしゃるとおり、まだ、アンコウの旬には早いので、各船団ともアンコウ狙いの操業ではありません。

 ただ、「底びき網」という漁法の性(さが)なのですが、特定の魚種のみを選んで漁獲する(または特定の魚種のみを漁獲しない)ことが不可能なのです。

 従って、ブログ本文や写真では、「水揚げ日本一のあんこう」をPRする意味から記載しましたが、現段階でアンコウは漁獲のメインではありませんので、ご理解ください。

投稿: 下関おきそこ | 2010年8月27日 (金) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270971/36330177

この記事へのトラックバック一覧です: 市場巡視:

« 水揚げも一巡 | トップページ | あんこうプロジェクト »