« 下関おきそこリフレッシュ中! | トップページ | 会議2題 »

2011年6月27日 (月)

外国人漁業実習生

 下関おきそこでは、平成20年度から、外国人技能実習制度を活用して、インドネシアから漁業実習生を受け入れています。

 20年度の第一期生12人は、今年6月8日に実習期間の3年間が満了し、インドネシアへ帰国しました。

 それと入れ替わりに、6月13日に来日したのが第四期生14人、。

 第四期生は、まずは、日本語や生活習慣の学習など、これから日本で、そして漁業研修生・実習生として生活していく上で必要な講義を受けているところです。

 そんな中、本日は、下関漁港地方卸売市場と下関漁港について学ぶという講義があり、実際の水揚げ(荷役)やセリの状況などのビデオ映像を見たり、下関漁港の生い立ちや、漁港市場のあらましについて、関係者からの話を聴いたりしました。

 座学の後は、実際に漁港市場内の見学。

 あいにくの雨模様でしたが、市場内を回るときは小止みになり、網作業をしている下関おきそこ漁船のそばを通りかかると、その船に配属される研修生は、漁労長や機関長に大きな声で挨拶をしていました。

 来日して間もないのに、日本語で挨拶する研修生たち。

 若いっていいよなぁと思いつつ、これから3年間の研修・実習期間が有意義なものとなるよう、関係者一同で暖かく見守り、育てていくことが必要だと感じました。

Dsc05993  

 

|

« 下関おきそこリフレッシュ中! | トップページ | 会議2題 »

全般」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。毎回拝見させていただいております。
実習生の方たちは何歳くらいなのでしょうか?
また、どういう人達が選ばれるんですか?

投稿: 芋 | 2011年7月 2日 (土) 23時23分

芋様
コメントありがとうございます。
また、返答が遅くなって済みません。

実習生は、インドネシアの「水産高校」に相当する学校を卒業したばかりくらいの世代です。
従って、18歳~20歳くらいと、非常に若いです。

また、まずそれぞれの学校から推薦を受けて、それから、現地で面接の上、選定しますので、非常に優秀で、意欲のある若者ばかりです。

実際、来日して間もない実習生でも簡単な日本語会話ができつつあるなど、その能力の高さには目を見張るものがあります。

覚えるより忘れる方が多くなった筆者としては、限りなくうらやましいです。あぁ、若さっていいですねぇ。

投稿: 下関おきそこ | 2011年7月 6日 (水) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270971/40569902

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人漁業実習生:

« 下関おきそこリフレッシュ中! | トップページ | 会議2題 »