« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

今年もお世話になりました

 年を取るにつれ、かつてのように年末年始をワクワクした気持ちで迎えることが薄れてきたように感じる一方で、一つの節目として捉える気持ちは強くなったように思います。

 今年も一年間、下関おきそこへの御声援、また、アンコウ連子鯛を始めとする下関おきそこの魚たちへの御愛顧、誠にありがとうございました。

 東日本大震災の影響もあって、必ずしも水産物消費が順調に伸びたとは言い難い面はありますが、おかげさまで、「下関漁港はあんこうの水揚げ日本一」であることは着実に地元下関市に浸透し、フィッシュマイレージキャンペーンへの協賛も増え、下関おきそこへの御理解も深まってきたと考えております。

 また、新年には新たなPRを行うべく、関係企業各位と下準備に入っているところです(まだ、詳らかにできませんことを御容赦ください)。

 筆者としましても、他業務との関係もあって、拙ブログを更新する頻度が落ちてきたことを真摯に反省し、新年は、もう少し更新頻度を上げ、いっそうのPRに努めることを目標にしたいと考えています。

 それでは、残す数日も大過なく過ごされ、穏やかな新年を迎えられますよう祈念いたしますとともに、新年も下関おきそこへの御支援をよろしくお願い申し上げ、今年最後の更新とさせていただきます。

※ 下関漁港地方卸売市場の初セリは、1月5日の01時15分からです。

 なお、これに先立つ1月5日00時30分から、初セリ式を執り行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

市場巡視

 久しぶりに昨夜は市場巡視を行いました。

 昨夜の下関おきそこの入港は2船団。

 それぞれが1,500~1,600箱の漁獲物を満載しての帰港です。

 ここのところ、時化もあって相場は好調続きでしたが、先週末頃から若干弱含みの相場になっていたため、今朝のセリでの回復が期待されたところでした。

 今朝のセリでの水揚げで、大半を占めていたのがめんぼ(ウマヅラハギ)です。

Dsc07487_2

 その数、実に1,000箱に及びました。

 先週末からめんぼが大漁で、航海日数もやや短くなっているようです。

 そのほかは、冬の定番、旬真っ盛りのあんこう

Dsc07492

 そんな中、数は少ないですが、ブリやサワラが水揚げされていました(底びき網でも獲れる!)。

Dsc07489

Dsc07490

 それから、寒流の影響が及ぶと、こんな北方系の魚も水揚げされます。

 マダラです。

Dsc07495

 昨夜の冷え込みはそれほどでもありませんでしたが、今の時期、冷え込みとともに鍋商材のあんこうも売れ行きが益すようですから、エネルギー消費が気になりつつも、冷え込む日が続いて欲しいと願うこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »