« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

年度末の市場巡視

 本日3月31日は、当たり前ですが、3月最後の市場開場日です。

 3月最後ということは、3月決算の下関おきそこ経営体は、今日水揚げするか、明後日の4月2日に水揚げするかで、その水揚げ高が当該年度に計上されるか翌年度になるかの分かれ目にもなるわけです。

 本日の01時15分からのセリに上場されたのは2船団。

 うち1船団は、やむを得ない理由での急遽の入港でしたから、実質的には1船団がまとまった水揚げをしました。

Dsc07973_2

 今の時期、メインはきつねがれい(ソウハチ)。

 卵巣がパンパンで、煮付けには最高です。

【あぁ、でも写真がうまく写ってませんでしたdown

 アンコウは、そろそろシーズンも終わりかけでしょうか、価格も落ちてきたようです。

 でも、まだまだ美味しそう。

Dsc07966

【こちらは、水揚げした船団の1隻】

Dsc07968  

 ところで、今日の昼のニュースによると、下関市で桜の開花が観測されたとのこと。

 年度替わりの時期、出会いと別れの季節でもあります。

 私事ながら、春の異動によりまして、担当業務を交代することになりました。

 拙い内容のブログでしたが、ご覧くださった皆様、大変ありがとうございました。

 厳しい漁業環境の中、果敢に出漁し、新鮮で安全、美味しい水産物を供給し続ける下関おきそこと、その魚たちの魅力を十分お伝えできなかったことが残念ですが、筆者の後任は、こうした情報発信を含め、筆者よりも遙かにパワフルに仕事をこなす強者ですから、心おきなく委ねることができ、安心して交代することができます。

 どうか、これからも引き続き、下関おきそこへの御声援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

【最後に、ときどき、リクエストがありました筆者のセルフタイマー写真です。こういうのを、『蛇足』といいます】

02_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

第63回通常総会

 昨日3月28日、山口県以東機船底曳網漁業協同組合の、第63回通常総会が開催されました。

 現在も、燃油価格の高騰や魚価の低迷、また、沿岸漁業との各種調整など諸課題はありますが、組合設立後、63年の長きを重ねてきた先人たちの御労苦に思いを馳せると、乗り越えられない壁はないと、改めて認識する節目でもありました。

  総会は、来賓として国・県のほか、山口県漁協や山口県漁業信用基金協会のご臨席のもと、23年度事業報告・収支決算、24年度事業計画・収支予算といった議題が上程されて、全議案とも可決承認されました。

 総会自体は恙なく終了したわけですけれど、すでに新たな事業年度にも入っており、特に、先日24日の新造船の竣工式は、新しいチャレンジへのスタートでもあることから、5月末までの今漁期も、安全操業に努め、「新鮮で安全、美味しい水産物を供給する」という社会的使命を果たして参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

竣工式と連子鯛贈呈式

 去る3月24日(土曜)、下関おきそこの各業者はもとより、多くの市場関係者や一般来場の方々の参列のもと、下関おきそこの新造船「第3やまぐち丸、第5やまぐち丸」の竣工式と、連子鯛の贈呈式が開催されました。

 前日の23日は大時化で、どうなることかと思いましたが、24日の満ち潮に乗って、無事、第3・第5やまぐち丸が下関漁港に入港です。

Imgp1250

Imgp1253_2 

Imgp1266

 着岸後は、市場開設者である山口県下関水産振興局長が祝辞を述べました。

Imgp1292

 その後、ブランド化協議会正副会長から下関大平学園の児童・生徒に連子鯛を贈呈しました。

Imgp1300

 それから、新造船の船内見学です。

 真新しい上に、省力化機械などの最新設備を盛り込んだ、最新鋭の漁船です。

Imgp1312

 それから、皆様お待ちかねの餅まき。

 子どもたちは、大人とは別のコーナーを作り、安心してたくさんのお餅を拾っていました。

Imgp1331

 寒い中でしたが、竣工式と贈呈式の最中は晴れ間も顔をのぞかせ、新造船の先行きに希望の光を指し示しているようでした。

 がんばれ! 下関おきそこの新しいメンバーよgood

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

下関おきそこ新船竣工式とレンコダイ贈呈式

 ずいぶん間が空いてしまいました(反省despair)。

 さて、3月も下旬にさしかかり、今週土曜日は3月24日です。

 そう、「連子鯛の日」です。

 由来などはこちら → ブランド化協議会

 昨年度に引き続き、獲れたてのレンコダイや、レンコダイを活用した「下関おきそこ弁当」を市内の児童養護施設に贈呈する予定ですが、その上、今回の3月24日は、下関おきそこの新船団「第3、第5やまぐち丸」の竣工式も同時に執り行われることとなり、めでたさも2倍です。

 今日は、関係者で、その最終打合せを行いました。

 特に、竣工式は、11年ぶりとなります。

 大漁旗(富来旗)を満艦飾にはためかせ、漁港内を巡航する雄大な姿は必見です。

 接岸後は、船内見学や餅まきも予定しておりますので、ぜひ、多くの方々にお越しいただきたく存じます。

 詳細はこちら → 連子鯛の日下関おきそこ竣工式

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »