« 2014年4月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年6月

2014年6月20日 (金)

インドネシア技能実習生 漁業実習開講式→勉強会

6月19日、下関水産会館にて、第7期インドネシア技能実習生 漁業実習開講式が執り行われました。

010_2

開講式では、代表として、アイヌン ヌルル ファド君から「一生懸命頑張ります!」との元気ハツラツな決意表明。

019 

そして、本日、6月20日は、下関漁港市場についての勉強会。

Img_5599

皆さんが無事に、元気に実習を修了することを切に願っています

| | コメント (1) | トラックバック (0)

平成26年度 ブランド化協総会

6月17日(火)、総会を開催しました。

昨年度の事業実施報告、収支決算、そして本年度の事業計画と予算について審議し、異議なく承認されました。

Img_5587

本年度は、昨年度に引き続き、アンコウPR、連子鯛PRを中心に活動を展開していくことになりますが、

なかでも連子鯛については、来年3月に、連子鯛の日(3月24日)の関連イベントととして、

料理コンクールを実施することとなりました。

下関漁港でたくさん水揚げされる連子鯛を、もっと家庭で食べてもらおうということで。

ということで、時期がきましたら、連子鯛をつかった料理コンクールの参加者を大募集します。

皆様よろしくnote

総会終了後には、山口県農林総合技術センターの大田専門研究員より、下関おきそこの魚の肉質を保持した骨軟化技術の開発をテーマに講演がありました。

Img_5593

講演では、実際に、連子鯛とシス(イボダイ)を高圧高温処理~いわゆるレトルト処理されたサンプルを試食。

塩味または煮付け風味にしたサンプルを、委員の皆様が、テレビカメラもあったせいか・・・お上品に一口、また一口。

Img_5586

Img_5594

「骨まで食べれる!」と好評でしたので、私も一口いただきましたが、結構美味しかったです!

新たな技術開発がなされ、下関おきそこの連子鯛が脚光を浴びればflair

さて、今年度も頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下関漁港のアンコウについて教えて下さい!

たいへん、ご無沙汰しております。

いろいろと、ありまして・・・coldsweats01

さて、5月28日(水)、菊川中学2年生38名が、当漁港市場に来られましたsign01

002

「下関漁港がアンコウ水揚げ日本一!」ということを学校で学んだとのことで・・・

我がブランド化協がロックオンeyeされた次第ですsweat01

「アンコウ」のお話をする前に、一通り・・・

下関漁港とは・・・

沖合底びき網漁業とは・・・

とかとか、お話をし(・・・役人みたいやわっsweat02

その後、アンコウについて、水揚げの推移、漁場、流通先等について説明しました。

研修の最後に、「冬になったらお家でアンコウ鍋を食べる人!」と当方から逆質問sign02

すると、引率の先生を含めて4人程度しか手があがりませんでしたcryingオーマイガッ!

「どこにアンコウは売っているのですか?高いですか?」との質問も。

007

「アンコウ水揚げ日本一」と10年近く活動しておりますが、まだまだ地元下関に浸透していないのだなぁ~と痛感bearing

今後も、アンコウPRに頑張りますぞな。

010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年8月 »