« 秋のやまぐち・・・地産地消フェア | トップページ | 連子鯛を使った料理教室 »

2014年10月20日 (月)

第1回全国あんこうサミット

10月5日(日)、北茨城市で開催された「第1回全国あんこうサミット」に参加してきました!

北茨城市といえば・・・、あんこうのどぶ汁で有名なところ。

北茨城市は、「あんちゃん」「こうちゃん」というステキなゆるキャラもいるぐらい、あんこうLOVEなのです。

どんなキャラかと言えば・・・こんな感じ。

Img_5849_2

これ↑は「あんちゃん」

Img_5850

これは↑「こうちゃん」・・・。 地元のお子様にも大人気!

ん・・・シュールだわ。

さて、全国あんこうサミット。

北茨城市から、「地元のあんこう鍋料理をご披露していただけませんか?」と、下関おきそこを営む生産者、市場関係者等で構成する下関沖合底びき網漁業ブランド化協議会に声がかかりました。

「下関漁港、あんこう水揚げ日本一!」を掲げてPRを展開して早10年!

絶好のチャンスということで参加させていただくことになりました。

Img_5844

会場は、北茨城市漁業歴史資料館よう・そろー

あんこうミュージアムなどの楽しく学べる施設もある資料館です。

Img_5860

開会式。台風の影響で雨がチラホラしてきました。

Img_5856

北茨城市長さんの開会のあいさつ。

座席には下関や青森を始め、全国から各団体の代表者がおられます。

Img_5870 

ブランド化協の副会長さんが、下関漁港あんこうのPR。

Img_5861

「あんちゃん」「こうちゃん」も仲良く開会式に出席。サミットを盛り上げていました。

私たち下関のブースでは・・・

Img_5876

こんな感じ。チラホラな感じですが・・・これも雨の影響でしょうか。

Img_5875

あんこう鍋の販売のほか、「山口海物語」認定加工品の、

あんこうの「い」

あん肝味噌漬

の販売も行いました。

「下関であんこうが沢山獲れるの?」と、あんこうどぶ汁の本場、北茨城市民の方々が次々と来られ、あんこう鍋も加工品も瞬く間に完売。

「どぶ汁よりも、下関のほうがすきだぁな~」と、嬉しいお言葉も沢山いただきました。ありがとうございました!

さて、全国各地のあんこう鍋・・・気になりますよね。

Img_5894 

じゃん!

全部で8種類。北茨城市は地元なので、沢山のお店があったので、どぶ汁一つをチョイス。

左上~、北茨城市(茨城県)、風間浦村(青森県)、日立市(茨城県)、加美村(宮城県)

左下~、大洗町茨城県)、鶴岡市(山形県)、小田原市(神奈川県)、下関市(山口県)

小田原市は、なんと、あんこうカレー。

私、ぜーんぶ、いただきましたが、どれも美味しい!みんな違ってみんなイイ!

そのほか、会場には、

Img_5879

あんこうコロッケがあったり、

Img_5881

ゆるキャラよりもインパクトありまくりの、その名も

あんこうのキモいカレー

すごい色でしたが、食べてみて、やはりカレー。

このように、会場内はあんこう盛りだくさんの、まさにあんこうの祭典。

次回は平成28年3月に開催予定とのこと。

|

« 秋のやまぐち・・・地産地消フェア | トップページ | 連子鯛を使った料理教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270971/57735082

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回全国あんこうサミット:

« 秋のやまぐち・・・地産地消フェア | トップページ | 連子鯛を使った料理教室 »